読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊SleepNel新聞

SleepNel所属のぽうひろが日々の個人開発で気になったことを綴ります。

アーバンナックル(とS)をTokyoIndieFes2017に出展してきました!

みなさん、こんにちは。ぽうひろです。

昨日2017/5/14 秋葉原UDXで行われた TokyoIndieFes に出展してまいりましたので、
ご報告いたします。
www.tokyosandbox.com


出展したのはアーバンナックル(リリース済み)と開発中のアーバンナックル・Sです。
ubk.strikingly.com


土曜日はビジネスデーということで、こちらも出展したかったのですが、
なかなか土日連続では家を抜け出せないこともあり、一般デーのみの参加となりました。

「展示者が少ないみたいなので、参加されてみてはー?」
と気軽な感じでお誘いを受けたので、「あ、でますでます( ^ω^)」と気軽に申し込んでしまったのですが、
出展者の皆様のブースはめっちゃこなれてて綺麗!!

ぐぬぬ・・・・これははめられたか( ^ω^)」

ダンボールで作ったSleepNel看板が逆に目立つ感じです。

「まぁこれはこれで味があっていいか・・・」

ものすごく入場者が多くて、ゲームが好きな人が国籍関係なくたくさん来場されていました!

個人開発者の知り合いもたくさん来てくださり、外国の方はもちろん、こんな小さいお子様達も自分の作ったゲームを熱心に遊んでくださりました!

開発者冥利につきますなぁ・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

こういったインディーゲームの展示会は、いろいろなメリットがあるので、まだ参加されたことのない開発者の皆様にはぜひお勧めしたいです!

<メリット1> 見えなかったユーザの存在を実際に目視できる!
いろんな人が見に来てくれます。自分で自分の作品を見てもあまり自信が持てないかもしれませんが、必ず気に入ってくれる人は存在します。
こんな作品でもちゃんと気に入ってくれる人がいるんだなぁ。。。これからもがんばろう・・・って気持ちになりますね!

<メリット2> 仲間が見つかります
自分の他にも同じような境遇で、隙間の時間を見つけては頑張って開発している個人開発者の仲間を見つけることができます。お互い励ましあい、面白いものを作っていこうとしている仲間です。きっと、一生の宝物になると思います。

<メリット3> リリース前でも大丈夫!ユーザにデバッグしてもらいましょう
とりあえず遊べるものを展示して遊んでもらって、ユーザの様子をしっかり見ましょう!
きっと自分のゲームの改善点が見えてきます。 自分のゲームのブラッシュアップできるまたとない機会になりますよ!

今回、こんなに楽しくて大規模な展示会に参加させていただき、誘っていただいたMissileManでおなじみOHASHIさん(@papicoon)には感謝の念に堪えません。
また、主催された運営の方々にも感謝したいと思います。ありがとうございます。
わざわざブースに遊びに来ていただいた皆様もありがとうございます。

また、楽しいゲームを作って参加できるように、日々少しづつ頑張っていこうと思います( ^ω^)


それではまた!

広告を非表示にする