読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊SleepNel新聞

SleepNel所属のぽうひろが日々の個人開発で気になったことを綴ります。

アーバンスパイにFPSを導入してみたら30分でできた

Unity UnityAsset 作ってみた indiegamedev

こんにちは。ぽうひろです。

みなさん、ご存知の通り今ロングダークにハマっている真っ最中なのですが
sleepnel.hatenablog.com

途中まで作っているアーバンスパイ(仮)にロングダークのようなFPS(一人称視点ゲーム)を取り入れたら面白いのでは?と思い立ち、やって見みました。
f:id:pouhiroshi:20170303184015p:plain:w500

UnityのStandardAssetsの中に、FirstPersonControllerと言うものがあり、これを使うと簡単にFPSが実現できるそうです。ほんまかいな。
やってみましょう。

ナックルさんのオブジェクトにFirstPersonControllerコンポーネントを追加します。
f:id:pouhiroshi:20170303183159p:plain:w300

あと、CharacterControllerと連携して動かすみたいなので、それも追加します。
f:id:pouhiroshi:20170303183307p:plain:w300

基本的にはこれだけです!あとはMainCameraがシーン上にあればそれが視点になりますので、
位置を顔の位置に置いておくと良いです。

キャラクターの子オブジェクトとしてカメラを追加して、顔の辺りに置いてあります。
f:id:pouhiroshi:20170303184015p:plain:w500

FirstPersonControllerのパラメータで歩くスビードや顔を向けるスピードなどを設定できます。
シンプルでいいですね。

FirstPersonControllerによる操作はキーボードのWASDで移動です。W(前進)、A(左移動)、S(後退)、D(右移動)
マウスで顔の向きを変えられます。
この辺の操作はロングダークと同じです。っていうかロングダークもこれ使ってるんじゃないでしょうか・・・w

それでは、実行してみた結果はこちらです!


これは想像以上にロングダーク感です・・・!!
やっぱり一人称視点は没頭感が出ますね!

これで脱出ゲームを作るのも楽しいかもしれません。

皆様も簡単にできますので、ぜひトライしてみてください!

ではでは!

広告を非表示にする