読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊SleepNel新聞

SleepNel所属のぽうひろが日々の個人開発で気になったことを綴ります。

GIMPでボタン画像を作ってみよう!

こんにちは、ぽうひろです。

今日はGIMPというmacで使えるフリーの画像ソフトを使って、ボタン画像を作ってみます。

GIMP - GNU Image Manipulation Program
f:id:pouhiroshi:20160712084705p:plain

最新バージョンは2.8.16のようですね。
f:id:pouhiroshi:20160712085031p:plain

ベースとして、このようなボタン画像があります。
f:id:pouhiroshi:20160712085202p:plain
これを真似して、他のボタンを作ってみようと思います。
白くて見にくいw
f:id:pouhiroshi:20160712085740p:plain
これです!これを元に作ります。

新しい画像を作成します。
f:id:pouhiroshi:20160712085436p:plain
背景を透過させたいので、塗りつぶしを透明で設定します。

とりあえず元になる画像ファイルをキャンバス上にドラッグ&ドロップします。
f:id:pouhiroshi:20160712085740p:plain
入りましたね。これを参考にして取り巻きのボタンを作ります。

レイヤーの左下のボタンを押して新規レイヤーを作ります。(紙みたいなアイコンですね)
f:id:pouhiroshi:20160712085926p:plain
設定はこのままで。
f:id:pouhiroshi:20160712085954p:plain
パスを作って、そのパスを塗るという作業になるわけですが、
素でパスを水平にするのは難しいです。そこでグリッドに吸着させる設定を行います。
表示設定のこの部分を選択すればOKです。グリッドの表示にもチェックしておくとわかりやすいです。
f:id:pouhiroshi:20160712090232p:plain
グリッド間隔は設定のグリッドでできます。一旦1x1にしておきますが、もうちょっと大雑把でよければ増やせばOKです。
f:id:pouhiroshi:20160712090321p:plain
ではパスを作ります。ツールメニューから、パスを選びます。
f:id:pouhiroshi:20160712090522p:plain
とりあえず雑な感じで作っていきます。あとで丸い点を動かせば修正できます。
f:id:pouhiroshi:20160712090913p:plain
終端を閉じる時は、Commandキーを押しながら始点をクリックすれば閉じます。
f:id:pouhiroshi:20160712091041p:plain
あとは水平になっていない点をドラッグして位置調節します。
f:id:pouhiroshi:20160712091147p:plain
グリッドに吸着が効いているので、水平にするのは楽です。
パスができましたが、画像的には何もできていない状態です。
これに線の色をつけます。
パス上で右クリックし、メニューを表示。編集のパスの境界線を描画を選びます。
f:id:pouhiroshi:20160712091354p:plain
3pxくらいで線を描きたいと思います。
f:id:pouhiroshi:20160712091502p:plain
描画色は白にしたいので、ツールボックスの上に来ている色を白にするのを忘れずに。。。
f:id:pouhiroshi:20160712091604p:plain
描画ボタンを押します。
f:id:pouhiroshi:20160712091653p:plain
線が描けましたね!

今日はここまでにしておきたいと思います。
次回はpng画像の作成とUnityでボタン画像として使うまでを説明したいと思います!

ではまた!!

広告を非表示にする