読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊SleepNel新聞

SleepNel所属のぽうひろが日々の個人開発で気になったことを綴ります。

Unity Photon(PUN+) の使い方 導入編(2/5)

Photon
第1回ではPhoton、PUN(+)の概要、種類、料金体系などを説明しました。
今回は導入部分を説明します。
 
PUN+はこちらで購入できます!
<iframe src="https://api.assetstore.unity3d.com/affiliate/embed/package/12080/widget/rVEkshdIB6" style="width:202px; height:260px; border:0px;"></iframe>
 
まずはPhotonのダッシュボードにログインします。

https://www.photonengine.com/ja/Photon

この画面の右上、サインインをクリックします。

f:id:pouhiroshi:20160525185435p:plain

まだサインアップが済んでいない場合は、サインアップしてください。
いきなりお金を取られたりはしません。最初は無料なので安心して登録しましょう。

f:id:pouhiroshi:20160525184832p:plain

 サインアップ直後はまだゲームがありません。
右下の「新しく Realtime アプリを作成する」ボタンを押します。

f:id:pouhiroshi:20160525184918p:plain

 
入力欄が3つほど出てきますが、アプリケーション名だけとりあえず入力すれば大丈夫です。入力して「作成する」ボタンを押します。

f:id:pouhiroshi:20160525184900p:plain

 
するとアプリケーション一覧に今作ったアプリケーションが出てきます。
表示されているアプリケーションIDをUnity側で設定することになりますので、
控えておきます。

f:id:pouhiroshi:20160525184959p:plain

基本的にはこれでPhoton側の設定は終わりです。Unity側で使用することができます。
簡単ですね!
 
Unity側の作業
ではここからはUnity側の作業です。Unityのバージョンは5.3.4(現時点の最新)を使って説明しますが、DodgeWarsは5.3.1p4で使ってました。特に問題はなかったです。
5.2とか5.1は実績がないのでわかりません。
 
ではUnityでプロジェクトを作成し、PUN Free版をダウンロードしましょう。

f:id:pouhiroshi:20160525185038p:plain

 
Chatは今回使わないのでimport対象からは外しておきます。
Demoも外しておきます。(Demo内にChat使ったサンプルもある模様)

f:id:pouhiroshi:20160525185100p:plain

 
インポートが完了すると、PUN Wizardというウィンドウが出てきますので、
ここにPhoton側の設定で出てきたアプリケーションIDを入力します。

f:id:pouhiroshi:20160525185130p:plain

そしてSetup Projectボタンを押す。

f:id:pouhiroshi:20160525185143p:plain

こんな感じで、Done!ってでたら設定完了です。
Closeしましょう。
 
するとAssets/Resources以下にPhotonServerSettingsというのが
作られています。

f:id:pouhiroshi:20160525185203p:plain

Inspectorで見ると、アプリケーションIDとかが設定できますので
最初のセットアップから変更したい時でもここから変更できます。
 
RegionがEuになっているので、Jp(日本のサーバ)にしておきます。
次回説明しますが、Auto-Join LobbyとStatsにチェックを入れておきます。

f:id:pouhiroshi:20160525185233p:plain

以上で導入設定は全て完了です。
とっても簡単ですね!
 
次回は、実際に作りながら説明していきます。
最初はロビー、ルームについてです。
お楽しみに!
広告を非表示にする